食べ物に注意して髪の毛を増やそう

育毛をするのなら、育毛剤、とすぐ思ってしまうかもしれませんが、それよりもまずはきちんと食生活を見直しましょう。食生活を見直して、髪の毛にいい成分をたくさん含んでいる食べ物を積極的に食べるようにするだけでも、髪の毛の量は変化しますので、ぜひとも試してみて下さい。

 

育毛にいい食べ物とは

まず、育毛にぴったりな食材について知っておきましょう。それぞれに必要な成分を含んでいる物別にまとめてみました。

 

タンパク質を含む食材

タンパク質は髪の毛そのものの原材料となる成分です。タンパク質が体内でアミノ酸に変化して、それが髪の毛となっているのです。ですので、タンパク質は髪の毛を作る上では欠かせない栄養素だと言えるでしょう。

 

そして、肝心の食材は、牛乳、豆腐や納豆などの大豆製品、それから鶏肉になります。

 

ビタミンB2

ビタミンB2は、細胞の成長や生成を促進する効果があり、タンパク質を髪の毛に変えるために必要な栄養素です。こちらは、牛乳や魚類、レバーなどに多く含まれています。

 

ビタミンE

こちらは血管をきれいにする作用のある栄養素です。そのために、頭皮細胞を破壊してしまう過酸化脂質の生成を抑えることができ、頭皮の活動を活発化させることで髪の毛を増やしやすくします。

 

ビタミンEはごま、うなぎ、アーモンドなどに含まれています。

 

ビタミンC

ビタミンCも髪の毛の生成には必要です。とはいっても、肌の調子を整える効果があるために、髪の毛の土台となる頭皮を綺麗にしてくれる作用があるのが、必要になる理由です。ビタミンCは緑黄色野菜や、柑橘系に多い事で有名ですね。

 

亜鉛

そして、忘れてはならないのが亜鉛です。亜鉛はいわば、髪の毛を作るために必要な燃料のようなものです。これが少なくなると、髪の毛が全然作れなくなってしまいますから、うなぎ、レバー、牡蠣などを食べて亜鉛を摂取するようにしましょう。

 

髪の毛に良くない食べ物もある

また、髪の毛に必要な栄養は異常ですが、逆に、髪の毛に悪い影響を与える食べ物もあります。それは油ものや炭酸飲料です。

 

これらは、髪の毛の生成にも全く必要ありませんし、特に油は過剰に皮脂を分泌させてしまったり、過酸化脂質になってしまうので、できるだけ避けるようにしましょう。

 

育毛のためには、食生活を見直すことも欠かせない要因です。しっかりと食生活を整えれば、髪の毛もしっかりと生えてくるようになりますので、食生活の見直しもしっかりと行いましょう。

アトピーや敏感肌でも大丈夫な育毛剤・シャンプーランキング

画像

画像

画像