本当に敏感肌でも安心してチャップアップを使用することができるのか?

画像

>>チャップアップの公式サイトへ<<

 

肌バリア機能が低下している敏感肌の人や、アトピー性皮膚炎の人は、外的刺激に弱いので、普段使用するスキンケア用品には、人一倍気を使います。勿論、頭皮に関しても同じことが当てはまります。

 

界面活性剤などが入っているシャンプーは、頭皮だけでなくシャンプーの時に泡が垂れて顔にかかってしまって肌にダメージを与えます。そして、特に、頭皮のケアに関しては、肌に優しい成分の育毛剤を使用なければ、薄毛をしっかり治すことはできません。

 

チャップアップのポイントとは?

ミノキシジルを使用していないので副作用の心配が少ない

画像

ミノキシジルは、毛が生えてくる成分として有名です。しかし、ミノキシジルには、頭皮に痒みをもたらしたり、低血圧の原因などの副作用があります。健康を害してまでミノキシジルを使用するのは、本末転倒です。

 

しかし、チャップアップには、ミノキシジルが入っていません。その代わり、自然由来の44種類もの有効成分が配合されています。センブリエキスやグリチルリチン酸、塩酸ジェフェンドラミンなどが入っていますが、ある一定の効果があるとして、医薬部外品として厚生労働省から認められているんです。

 

ニオイがしない!勿論、無香料です

育毛剤の中には、漢方の薬草のようなニオイがするタイプもありますよね。あれは、頭皮に凄く聞きそうな感じがしていいのですが、会社に行く時は周囲の人にニオイが嫌がられるのではないかと、心配になってしまいます。

 

しかし、チャップアップは、無香料なので仕事中や、人と会うような時でも平気なんです。それに、髪に悪い成分が一切使用されていない完全無添加なのが嬉しいですね。肌が敏感な人もそうでない人も、育毛剤に関しては無添加の品質の良いものを選びたいと思うのが心情です。

 

画像

髪と頭皮を健康にしてくれます

センブリエキスってなんだ?

センブリエキスは、昔から漢方で使用されてきた薬草です。血行をよくする効果があるので、頭皮の血行を改善することができます。血行がよくなることで、毛母細胞に栄養が行き渡り、丈夫な髪が生えてくることができるのです。

 

グリチルリチン酸とは

グリチルリチン酸は、ニキビケア用品によく使用されている成分です。甘草から作られている成分で、頭皮の炎症や、皮脂分泌のバランスを整える効果があります。

 

育毛成分ジフェンヒドラミンHC

ジフェンヒドラミンHCは、アレルギー症状を抑える成分として使用されることが多い成分です。頭皮にダメージを受けた方が使用することで、頭皮の環境を改善して健康な髪が生えやすい頭皮にするという効果があります。

 

チャップアップの評判はどうなのか?

自然由来の成分で作られているから安心

朝起きた時に、枕に付いている髪の量が多いなと、思っていたら妻から「後頭部が薄くなってるわよ」と、言われてしまいました。合わせ鏡で後頭部を確認してみると、確実に薄毛になっていました。ショックでしたが、早く対処しなければと思いました。そこで、髭を剃ると肌が赤くなるタイプなので、無添加・無香料のチャップアップを選びました。

 

敏感肌なので、頭皮に合わなかったらどうしようかと不安でしたが、全額返金保証精度があるので、合わなかったら返品すればいいと思いました。噴射式スプレーは、慣れるまで少し使いづらかったですが、使った初日から頭皮がさっぱりとして、凄く良かったです。

 

最初の3ヶ月間は、頭皮がさっぱりする以外は、変化を感じることができなくて、がっかりしましたが、諦めずに使用していくと、抜け毛が減っていきました。

 

ブブカから乗り換えました

ブブカを半年使って、変化を感じることができなかったので、思い切ってチャップアップに乗り換えましたが、乗り換えて正解でした。チャップアップを使用して3ヶ月で、新芽のような髪が生えてきました。

 

前頭部の薄毛に効きました!

夜勤の仕事が増えてきた頃から、抜け毛が多くなってきました。それでも、髪の量が多い方だったので、気にしていなかったのです。しかし、ある日鏡を見てみると、前頭部が薄くなっていたんです。これは、やばいと初めて危機感を感じました。ネットの口コミを見て、チャップアップの評判が良かったので、チャップアップを購入しました。

 

仕事上、生活習慣は変えることができませんが、せめて育毛剤で頭皮の環境を改善できればと、毎日チャップアップでマッサージをしています。髪が、以前よりも太くて丈夫になったような気がします。抜け毛も減ったので、ホッとしています。

>>ご購入はこちらから<<

画像

 

画像

アトピーや敏感肌でも大丈夫な育毛剤・シャンプーランキング

画像

画像

画像