育毛剤と発毛剤の違いとは?

ヘアケア用の商品には色々な種類のものが出回っていますが、「育毛剤」と書かれている商品や「発毛剤」と書かれている商品があります。言葉は似ていますが、この2つは一体どう違うのでしょうか? これを知らない人も恐らく多いでしょう。

 

まず、「育毛剤」は医薬品外部という扱いで、医薬品と化粧品の中間的な分類になり、人体に対して医薬品より比較的効果が穏やかなものになります。これに対して「発毛剤」は医薬品で、病気の予防や治療のために使われる薬という扱いです。

 

医薬品外部である育毛剤は、特に医師や薬剤師などの専門家の説明を聞かなくてもお店で購入することができますが、発毛剤は医師の説明や指導の元に医療機関で処方されます。医薬品でも市販薬であれば、薬剤師の説明だけで購入できますが、発毛剤は医療機関で処方されることが一般的だからです。

 

この育毛剤と発毛剤の違いは、結局は使われている成分の違いということです。期待できる効果については同様になります。効き目には個人差があるため、医薬品だからといって、その分効き目が大きいとは限りません。

 

育毛と発毛の違いとは?

では、「育毛」と「発毛」は違うのでしょうか。これは、育毛とは産毛も含めて、現在生えている髪の毛を育てることで、発毛は髪の毛が抜け落ちてしまった毛穴から再び毛を生やすことをいいます。
また、育毛は体の外面からアプローチをすることが多く、発毛は体の内面から影響を与えることだともいわれていますが、これは外用と服用の違いだといえなくもありません。

 

自分の頭髪の状態によって、どちらを行うべきなのかが変わってきますが、どちらを行う場合でも、自分の頭皮と髪の毛の状態との相談になります。一概にどちらがいいとはいえません。

 

育毛剤を使用しても発毛剤を使用しても、髪の毛を増やすということが目的なのは変わりません。それは発毛だったり、現在の髪の毛を太く元気に育てることです。これらは別けて考える必要はありません。

 

そのために、自分に合った「育毛剤」を使用することをおすすめします。「発毛剤」は原則的に医療機関で処方を受ける必要があり、気軽に何種類も試せるようなものでもないからです。

 

育毛剤は市販品がいくらでも発売されています。商品によって、価格も成分も色々なものがあります。育毛剤であっても発毛を促すような成分も含まれているので、発毛効果も充分に期待することができます。

 

育毛や発毛を考えている場合、まずは自分に合う育毛剤を探すことから始めてみてください。

アトピーや敏感肌でも大丈夫な育毛剤・シャンプーランキング

画像

画像

画像