それぞれの違いは髪の毛に影響を与えるホルモンの違い

育毛剤と聞くと、ほとんどの方が、中年男性が購入していて、せっせと薄毛の対策を行うために使っている物、というイメージを浮かべるかもしれませんが、育毛剤は男性用だけでなく、女性用もあるということはご存知ですか?

 

実は、意外と育毛を行っている女性は多く、それだけ髪の毛について悩んでいる女性もたくさんいるということが言えるでしょう。ですが、その男性用と女性用の育毛剤の違いとはなんなのでしょうか。一緒の育毛剤を使ってもいいのではないか。

 

そんな風に思われるかもしれませんが、結論を先に言うと、男性用と女性用の育毛剤は、それぞれに与える影響が大きく違うので、違う方を使ってしまうと、大変なことになってしまうので、きちんと自分に合った育毛剤を遣わなくてはなりません。

 

それぞれの悩みの違い

男性用と女性用の育毛剤がある理由に、それぞれが育毛剤を必要とする理由が、それぞれに違うからということが言えます。

 

男性の場合は、男性型脱毛症といい、頭頂部やおでこの辺りの薄毛が酷くなることに悩みますが、女性の場合は、局所的に抜け毛が酷くなるのではなく、頭の全体から髪の毛の数が減ってしまい、それに悩んでしまっているようです。

 

それぞれの薄毛の違いについて

そのように薄毛のタイプが変化するのも、それぞれに薄毛に影響を与えているホルモンが違うからです。実は、頭皮の環境がきちんとしているのに、薄毛が進行してしまうような場合ですと、薄毛の原因としてはホルモンバランスの乱れ以外には考えられないのです。

 

そして、男性の場合は量が多くなりがちな男性ホルモンが、女性の場合も、量が多くなりがちな女性ホルモンが、それぞれの体に影響を与えて、薄毛になってしまうのです。

 

そして、男性用の育毛剤には男性ホルモンを抑える成分が、女性用の育毛剤には女性ホルモンを押さえる成分が含まれているので、もしも、逆の育毛剤を使ってしまったら、全く無関係のホルモンの働きを抑えてしまい、体調を悪化させてしまう恐れがあるのです。

 

以上が、性別によって専用の育毛剤がある理由です。また、これ以外にも、髪の毛を染めたり、パーマをかけたりして、髪の毛にダメージを与えてしまったために、薄毛になってしまうことも特に若い人には多いです。

 

髪の毛は一度抜けてしまうと、それ以上は新しく生えて来るものではありませんので、しっかりと髪の毛のケアは行って、薄毛にならないように注意を払いましょう。

アトピーや敏感肌でも大丈夫な育毛剤・シャンプーランキング

画像

画像

画像