これまで流れてきた育毛情報は誤解が多かった

髪の毛に効果があるとされているのは育毛剤です。育毛剤をつければ髪の毛は生えてくると言われていますが、単純に育毛剤をつける以外にも育毛効果のあるものは世にあふれています。

 

情報には玉石混交のものがあるように、実際、これまで巷で囁かれてきた育毛効果の事例には時間をかけて曲解されてきたものがあるのです。例えば以下のようなものがあります。

 

  1. くしなどで頭皮を叩きマッサージすれば抜け毛は減る
  2. 薄毛になる原因は男性ホルモンによるもの
  3. 育毛効果のあるシャンプーは清涼感のあるものや殺菌効果のあるもの

 

これらの誤解について、一つ一つ解いていきます。

 

くしで頭皮をマッサージ

「くしで頭皮をマッサージ」という情報については、軽く叩くのならまだしも、ひと昔前の情報では強めに叩くことを良しとするような情報が一般的な育毛情報として周知されていたのですが、強く叩くことによって頭皮を傷つけてしまうようなことがあるため、強く叩いて頭皮を必要以上に刺激するようなことは行ってはいけません。

 

薄毛と男性ホルモン

抜け毛・薄毛には男性ホルモンが関係しているということも、そういったこと自体は確認されているものの、男性ホルモンがあるから抜け毛や薄毛が進んでしまうということは未確認なのです。いつの間にか「男性ホルモン=抜け毛・薄毛の第一要因」のような情報が一般に広がっていますが、それは間違った情報です。

 

育毛シャンプー

シャンプーに関してですが、あまり強いものですと、頭皮に必要な脂分まですべて洗い流してしまうため、かえって髪の毛は弱くなります。人間の頭皮というのは一定の脂分や栄養素があるから抜け毛や薄毛が防止できているという側面もあるので、これらの要素をシャンプーで洗ってしまうと、刺激性が強いので髪に悪いことが確認されています。もしシャンプーを使うなら弱めのものを使いましょう。

 

育毛器具についても注意が必要です。電気を使用した育毛器具はくしの件と同じく、頭皮に刺激を強く与えてしまうため、頭皮が硬くなることがあります。硬い頭皮はかえって育毛を阻害するのであまりやってはいけません。柔らかい頭皮のほうが抜け毛は防げますし、血流も良くなるので、あまり器具を使って頭皮に悪いことをするのはやめてください。電気で頭皮刺激をする器具を使った結果、火傷をしてしまったということも確認されています。

 

人間の髪の毛および頭皮はひじょうに弱いものなのです。そこに共通しているのは「刺激」です。シャンプーにしろ、くしや器具の使用にしろ、頭皮に必要以上の刺激を与えることは控え、髪の毛に良い食物を摂取し、いたわってあげてください。

アトピーや敏感肌でも大丈夫な育毛剤・シャンプーランキング

画像

画像

画像