育毛剤にも副作用はある

副作用と言えば、薬品などによって起こるものだと多くの方は思うかと思いますが、実は、育毛剤でも副作用が現れる物があります。

 

ただ、副作用と言っても、使用したときに頭皮がかぶれてしまったり、痒みを発生させてしまうようなものもありますが、それは体質などが影響しているもので、今回紹介する育毛剤による副作用は、主に敏感肌などの体質とは大きく違った性質をもつものです。

 

育毛剤を使って起こる可能性のある副作用とその育毛剤

まず、育毛剤の中には使うことによって、頭皮の血管を拡張させる作用があるものがあります。それらはもともとは高血圧の治療に使われていたものですが、使用してみると髪の毛が増える作用もあると言うことで、育毛剤として使うようになったものです。

 

そのために、育毛剤としても使用することができる反面、まだ高血圧の治療薬としての作用を残しており、服用することによって、それが体内に変化を及ぼすことがあるのです。

 

例えば、頭痛や吐き気、血圧が普通な方は低血圧になってしまうこと、胸の痛みや動機など、心臓や血管に関わる副作用を訴えるようになることがあるようです。発毛効果自体は他の育毛剤よりも少し強めなのですが、副作用が激しく、利用することを断念される方も多いようです。

 

もう一つ、育毛剤を使用して起こる副作用に、男性機能不全を起こす物があります。それは、男性ホルモンの増加によって起こる男性型脱毛症にピンポイントで育毛を促す育毛剤なのですが、それには男性ホルモンの働きを抑えてしまうテストステロンという成分が含まれており、それによって引き起こされる副作用です。

 

また、継続して使用すると肝障害などを引き起こす例もあるようです。ただ、比較的副作用が発症する可能性は低いとも研究結果が出ています。

 

この男性型脱毛症に対しての育毛剤は、多くの場合は女性の利用が禁止されています。ホルモンバランスが崩れると月経などに影響を及ぼしてしまうので、間違って使用してしまわないように注意を払いましょう。

 

最後に

以上のことが、育毛剤の副作用として考えられることです。もしも、これらの症状が出てしまったとき、これらに該当する育毛剤を使用しているのであれば、早急に育毛剤の使用を止めて、早めに医者にかかって、治すように努めることをおすすめします。

 

使用し続けると万が一の可能性ももちろんありますので、髪の毛よりもまずはご自身の命を大切にしましょう。

アトピーや敏感肌でも大丈夫な育毛剤・シャンプーランキング

画像

画像

画像